今日も元気に暮らしてく

新しいもの好きが充実した毎日を楽しみたい!広島から毎日を楽しく過ごすための生活術や情報を提供していくブログです。

スポンサーリンク

宮島へのルートまとめ~近道・抜け道・駐車場

広告

11月も下旬、宮島の紅葉も見頃です。
というわけで三連休中日(勤労感謝の日)に宮島へ紅葉狩りに行ってまいりました。
ですが、もう渋滞・渋滞・人人人!
安芸(秋)の宮島というだけあって、観光客だらけ。
宮島につくまで、フェリーに乗るまで、厳島神社につくまで、食事をとるまで、帰りのフェリーに乗るまで・・・。
とにかく大渋滞。
特に宮島に到着するまでの渋滞で体力を大きく削られてしまいましたので、この教訓を生かし、混雑時のルートを調べてまとめておこうと思います。
  
  

目次

  1. 渋滞に巻き込まれた話
  2. フェリーはどっちがいい?
  3. 駐車場の選び方
  4. 反則?途中から広電に乗り換える方法
  5. どこのICで降りるべきか?
  6. 2号線は西広島バイパスか宮島街道(在来2号線)か
  7. まとめ
  8. おまけ~意外とお得?船旅を楽しむ別ルート

※この記事は広島側(東)から宮島に向かうことを前提に書いています。

渋滞に巻き込まれた話

昨日、実際に経験した話です。
  
三連休だから多いだろうとは予想していたので、普段は使わない高速道路を利用しました。
広島高速3号線 → 観音IC → 商工センター → 五日市IC → 廿日市JCT → 廿日市IC → 国道2号線 → 宮島口
というルートです。
  
五日市ICから山陽道にのった瞬間に「廿日市JCTから廿日市IC 1km渋滞」の表示。
実際に通ってみると1.5kmほどでした(泣)(10時30分くらい)
  
何とか廿日市ICを通行するも2号線に出るまでも渋滞、出てからも渋滞。(11時15分くらい)
ようやく宮島口に到着しても駐車場がない。(11時45分くらい)
海側はもちろん山側もびっしりです。
たまたま、自分の目の前で一台出ていく車があったのでそこに停めれました。(12時くらい)
  
ぎゅうぎゅう詰めのフェリーになんとか乗り、宮島にわたってみると、これまた人人人。
宮島表参道商店街では人に押され、まさに身動きのできない状態に。
商店街を抜けるだけで30分くらいかかりました・・・。
  
どのお店も行列で食事もとれない状態。
焼きガキなども空いている店を狙って買うしかないような状態でした。
お昼ごはんを食べたのは、お店が空いてきた午後3時くらい(泣)
  
人が減ってきた(それでも十分多いですが)のでのんびりお土産を買って、4時くらいに桟橋に向かっていると、ミヤトヨ本店を過ぎたあたりから海沿いに行列が・・・。
「まさかフェリーの行列じゃないよね~」って呟くと、並んでいるおじさんが「フェリーだよ」と。
宮島から帰るためのフェリーに乗るのにこれだけ並んだのは初めてでしたね。
  
宮島口にわたっても、2号線の広島方面は動かないような状態。(17時)
普段から渋滞する場所ですが特にひどかった。
  
広島方面に向かうのはあきらめて、岩国方面に向かい、大野ICから山陽道に乗り、広島方面に向かいました。
これは正解で、ほとんど渋滞を経験せずすいすい帰ることができました。
  
感想としてはとにかく疲れた!
宮島観光の場合、宮島に着いてから、山や階段、干潟など疲れやすい場所を歩くので、到着までに体力を使うことは避けたいですね。
皆さんには自分のような経験はして欲しくない!
何より、自分もそんな思いはしたくない!
ということで、宮島までのルートをまとめておきたいと思います。
  
  

フェリーはどっちがいい?

最初にいきなりフェリーの話です。
宮島口から宮島に向かうフェリーは二種類あります。
宮島松大汽船とJR西日本宮島フェリーです。
  
宮島口から宮島に向かって左側が宮島松大汽船、右側がJR汽船です。
宮島からだと宮島口に向かって左側がJR汽船、右側が宮島松大汽船です。
どちらも片道180円、往復360円です。
往復で購入しても別に得することはないですし、切符売場が混雑することもないので往復で買う必要はないかもしれません。
  

  • 宮島松大汽船

広島電鉄(広電)グループのフェリー・旅客船会社。
なのでフェリー乗り場も路面電車(広電)側ですね。
宮島松大汽船
到着時に切符・現金・PASPYで清算します。
  

  • JR西日本宮島フェリー

JR西日本運営のフェリーです。
乗り場は大鳥居側になります。

乗船前に切符かPASPYで支払います。
大鳥居が見えるような航路をとってくれます。
  
どちらも15分おき(土日祝などは10分おき)に運航しており、800人くらい乗ることが可能なので、フェリーの待ち時間がそこまでかかることはありません。
乗りやすい方に乗ればいいのですが、初めて行く方は、行きはJR西日本宮島フェリーをおすすめします。
大鳥居が見えるように進んでくれるのでテンション高まること間違いなしです。
そのせいか、多少、JRの方が混んでいることがあるような気もしますね。
  
  

駐車場の選び方

宮島口周辺には多くの駐車場が存在しています。
どの駐車場も1日最大1000円なので安心して駐車することができます。
混んでいないときは海側(宮島側)の駐車場に停めれば、降車後に2号線をわたる必要なく楽ですが、混雑時は海側がすべて満車のことも珍しくありません。
そうなると、フェリー乗り場を抜けて、右折して2号線をUターンするような形になり、渋滞時にはかなり時間をロスしてしまいます。
ですので、混雑しているときは早い段階(宮島口の駅を過ぎる前)で山側の駐車場に停めてしまいましょう。
  
  

反則?途中から広電に乗り換える方法

宮島口の駐車場は、連休や初詣などの大混雑時は山側もすべて埋まっている可能性が高いです。
だいたい12時くらいがピークで2時には空きはじめるので、お昼過ぎくらいなら待つ方法もありますが、いつ空くという保証はありません。
かといって公共交通機関を使うにも、家から駅が近い人ならいいですが・・・。
  
じゃあ、途中まで車で行って、電車に乗り換えるという方法は?
ということを考える人も多いらしく、阿品台にあるフジグランナタリーに向かう車が多数見られました。
フジグランナタリーの駐車場に車を停め、最寄りの広電阿品駅から路面電車に乗って宮島口に移動という手段ですね・・・。
明らかに反則ですね。
  
  

どこのICで降りるべきか?

今回は廿日市ICで降りたことが失敗の一つだと思います。
それより広島側で考えると、宮島SAのスマートIC(ETC利用時のみ通行可能)。
山口側で考えると大野SAとなります。

山口側から宮島に来る車は広島側に比べれば全然多くないので、通行料金が高くなることを気にしないのであれば選択肢としてありだと思います。

宮島SAのスマートICを利用した場合は、山道の細い道を降りることになりますが、2号線 西広島バイパスの上平良の交差点に出ることができます。
廿日市JCTから2号線まで渋滞を進み続けることを考えればだいぶ楽だとは思います。
ただ、2号線も渋滞の可能性は高いです。
  
  

2号線は西広島バイパスか宮島街道(在来2号線)か

わざわざ高速を手前で降りたのに、2号線が渋滞だったら意味がないじゃないか!
と言っても2号線は二つあります。
西広島バイパスと海沿いの宮島街道です。
基本的には西広島バイパスの方が信号も少なく早いと思うのですが、先日の連休のように渋滞しているとそれも意味はないです。
宮島街道はかなり空いていましたね。
宮島SAのスマートICで降りて、宮島街道を通るルートがよかったのかなと思っています。
  
バイパスを通る場合でも、廿日市ICを過ぎた後に左に上り陸橋をわたる道を進み阿品台に抜けて、そこから2号線に合流すれば少しは時間をかせげたのになあ、とも思います。
  
  

まとめ

渋滞、超混雑時に宮島に行く際のルート。
山陽道から向かう場合は、宮島SAのスマートICから降りて、宮島街道に出る方法。
バイパスを進むのであれば地御前からで阿品台に上がる道を進み、阿品台から2号線に合流した方が速そう。
駐車場は山側狙い。
  
  

おまけ~意外とお得?船旅を楽しむ別ルート

観音マリーナ(マリーナホップ)からも宮島行の船が出ています。

乗船料は片道1200円(中学生未満600円)、往復2000円(中学生未満1000円)。
駐車料金は無料です。
便は限られますが、宮島からの帰りも行列に並ぶことはないと思います。
片道25分のクルージングも楽しそうですね。
少しお金はかかりますが、この方法なら宮島周辺の渋滞も関係ないですね!
  
  
次の大混雑は初詣でしょうか?
この記事が誰かのお役に立てば幸いです。

ことりっぷ 広島・宮島 (旅行ガイド)

ことりっぷ 広島・宮島 (旅行ガイド)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2012/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る