読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も元気に暮らしてく

新しいもの好きが充実した毎日を楽しみたい!広島から毎日を楽しく過ごすための生活術や情報を提供していくブログです。

スポンサーリンク

アイクレバーカード〜ICOCAとPASPYを一枚のパスケースに入れて使う方法

広告

前回の記事にも書きましたが、やむなくICOCAとPASPYの二枚持ちで通勤することになりました。
何がやむなくかって、交通系ICカードを二枚持つのはめんどくさいから。
カード二種類を見分けて使い分けるなんてめんどくさいじゃないですか?
スーツの内ポケットに入れて、サッ!と出して、ピッ!とかざして、パッ!とゲートを通り抜けたいのに、それができないなんて!
いちいちカード探してたら、非接触型ICカードの意味がないでしょ?
サ!ピ!パ!でなければ非接触型ICカードの意味はなし、です。
パスケースの表と裏に入れればすむじゃん。
知らない人(3月までは自分もそうでした)からはそんな声が聞こえてきそうですが、そう甘くはないんです。
考えてみれば当たり前ですが、二枚の非接触型ICカードを重ねた状態で機械にかざすと、両方が認識されてエラーを起こしてしまいます。

交通系ICカードの誤作動

エラーには二種類あります。

一つ目は相互利用可能な複数のICカードを同時にかざした場合。
自分の場合、バスがこちらに当てはまります。
(ICOCAはPASPYエリアでも使用可能)
バスの運賃箱にPASPYとICOCAを同時にかざしてしまうと、機械はどちらのICカードを読み取ればいいか混乱してしまいます。
結果、「処理枚数異常」となり、運転手さんに止められてしまいます。

二つ目のパターンは相互利用関係なく複数のICカードを同時にかざした場合。
JRがこれに当てはまりますね。
(PASPYはICOCAには非対応)
ICカードと言うのは電磁波をエネルギー源として情報通信を行います。
なので、複数のICカードを同時にかざすとエネルギー源となる電磁波を奪い合う形になってしまいます。
つまり、駅の改札口でICOCAをかざす際に、PASPYもかざしてしまうと、両者でエネルギーを奪い合い、ICOCAがまともに働けなくなります。
そのまま改札口を通ろうとすると、ゲートが閉じられちゃいますね。
(nanacoや運転免許証のようなICカードを入れている場合も同様です)

どちらも、朝の忙しい時間にやってしまったら、サ!ピ!パ!どころか周りから大ブーイングを浴びること請け合いですね・・・。
そんな怖い思いは嫌です。

アイクレバーパスケース

パスケースを分けるしかないのかー・・・敗北感を頭によぎらせながら調べていると・・・。
世の中には便利なものがあるじゃないですか!
アイクレバーと言う商品を発見しました。
アイクレバーパスケース【取り出さなくてもスイカ・パスモを切替えて使えるパスケース】
要は電磁波を遮断することができる素材を使ったパスケースです。
表と裏の間に電磁波を遮断する素材が使われているので、片面を機械にかざした場合、真ん中で電磁波が遮断され、裏面のカードは認識されず、かざしたカードのみが認識されると言う訳です。

おお!便利じゃないか!
これならやれるってことでAmazonさんで検索。

するとアイクレバーカードと言うカードも発見。
このカードを普通のパスケースと組み合わせれば、アイクレバーパスケースと同様の効果を発揮することができるようです。

アイクレバーカード+通常のパスケース

アイクレバーパスケースとアイクレバーカード+通常のパスケース
どちらにするか迷いましたが、アイクレバーカード+通常のパスケースを選択。
かっこいいパスケースが欲しいけど、いつまで今の勤務先かわからないのであんまりいいのはもったいない。
でも、アイクレバーパスケースのデザインは少し好みとは違う…。
とりあえず、アイクレバーカード+そこそこのパスケースとして、公共交通機関での通勤が長引きそうなら、いいパスケースを購入するということに決めました。

パスケース

で、選んだパスケースがこちら。
f:id:pkoudai:20140419211851j:plain
自分は緑にしましたが、色んなカラーがありますよ。

日本製って書いてあるけど、実物の品質がすごい良いわけでもなく・・・。
お買い得な値段ですから当然ですが、まあ、そこそこ。
緑にしましたが、想像以上に緑だったのは盲点でした。
カードのポケットはけっこうきつめ。
アイクレバーカードと重ねて入れるとギリギリな感じです。
f:id:pkoudai:20140419211931j:plain
が、結果的にこれが良かったんです。

アイクレバーカード

アイクレバーカード以外にも、コクヨICセパレーターと言う商品もあるようですが、Amazonのレビューを見る限り少々いまいちっぽい。
値段も高いので安くレビューの印象もよいアイクレバーカードにしました。

アイクレバーカードはこんな感じ。
f:id:pkoudai:20140419212019j:plain
ちゃんと二枚セットで入っています。
これをICOCAやPASPYと重ねてケースに入れます。
こんな感じですね。
 ――――――――ICOCA――――――――
 ―――――アイクレバーカード―――――
 =======パスケース=======
 ―――――アイクレバーカード―――――
 ――――――――PASPY――――――――
f:id:pkoudai:20140419212050j:plain
f:id:pkoudai:20140419212130j:plain

無事にICOCAとPASPYの二枚持ちに成功!

本当に大丈夫なんだろうか・・・。
かなり不安でしたが、ICOCAとPASPYの組み合わせでアイクレバーカードを使ったって話をネット上で見つけることはできませんでした。

かなりドキドキしながらの初通勤は・・・何の問題もなし!
ICOCA、PASPYともに通過成功!
毎日、トラブルなくサ!ピ!パ!で通勤できています。

アイクレバーカードやICカードセパレーターをうまく使うコツはICカードとアイクレバー(セパレーター)をきっちり重ねた上で、密着させることのようです。
そういう意味で今回選んだパスケースはきつきつなのでちょうど良かったのかもしれません。

ICOCAとPASPYをひとつにまとめたい方は、アイクレバーカードと日本製本革単パスケースの組み合わせがお勧めですよー。

ICカード SY?IC001 IC乗車券切り分用

ICカード SY?IC001 IC乗車券切り分用